--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-11-15

これがペンギンの赤ちゃん!

この前、うちの奥さんと桃侍くん(3歳)と海遊館に行ったとき、
エントランスのお姉さんが桃侍くんに

 「いま、ペンギンのこんなちっちゃな赤ちゃんがいるんだよ!
  すっごく、かわいいよ!」

って教えてくれました。


わくわくしながら、ペンギンの大水槽に到着!

うん?見渡しても、赤ちゃんいません、、、

よーーく探していると、お母さんの後ろに隠れていました!

カメラのポジションを移動して、しっかり、赤ちゃんが見えるところでパシャリ!
※刺激しないようにフラッシュはオフです!

オウサマペンギンの赤ちゃん

これが、オウサマペンギンの親子!

お母さんとは、ぜんぜん違って、
右側の赤ちゃん、真っ茶色のラグビーボールみたいです。

羽毛もフワフワそうで、さわってみたい感じでした!

桃侍くん「ふわふわだねぇ~、かわいいねぇ~」
って、喜んでちょっと興奮気味でした!!


ところで、コウテイペンギンの赤ちゃんは白っぽいのに、
何故、オウサマペンギンの赤ちゃんは茶色いのか!

それは、コウテイペンギンの繁殖地が
南極大陸で雪と氷に覆われて真っ白なにに対し、

オウサマペンギンは岩場の多い島に住んでいるため、
天敵から身を守る保護色として
茶色の羽毛をまとっているんです。

自然界って、ホント、よくできますね!!


今日も、ありがとうございます!
応援クリックお願いします!(^o^)v
 ↓ ↓ ↓
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ペンギンのお話し、興味深く拝見しました。
  
   ケルトの人がからすのことを、ペンギンと呼んでいたのですね。
  
   いつの時代も、人間ほど悪い生物はいませんね。---
 
   残念です。よく、水族館に行かれるのですね。いいですねーー
プロフィール

てっちゃん

Author:てっちゃん
「関東煮」と「たこ甘露煮」の
上かん屋『たこ梅』 五代目

1966年、大阪で生まれる。
メーカーに10年以上勤務後、
先代が亡くなり、店を継ぐ。

酒場と鯨と大阪を愛し、その文化を研究するのが趣味!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。